読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初めて欅坂46の握手会に行った話

前回の記事で年末年始で「欅坂46にハマってしまった話をしましたが、

shibaaaaachi.hatenadiary.jp

ようやく初現場として「二人セゾン」全国握手会@京都パルスプラザに行ってきました!

 

前日、夜遅くに帰宅したので「起きられない」と思い、オールすることに。

しかし、これが結局影響してしまい、思うように楽しめない結果となりました

 

パルスプラザに着いたのは8:00過ぎ。

この時点で駐車場から溢れ出しそうな人の数。

f:id:shiba_gamba:20170225225127j:plain

しかし、前日からのオールで体調は優れない感じがあり、案の定突如腹痛に襲われることに←

同行者がいなかったので仕方なく列を抜け出し、再び並び直し。ミニライブは結局Cブロックからの観覧となりました。

f:id:shiba_gamba:20170225225307j:plain

f:id:shiba_gamba:20170225225311j:plain

ミニライブはけやき坂46(ひらがなけやき)の初単独ワンマン発表など盛りだくさんの1時間。

個人的には3rdシングル表題曲「二人セゾン」そして「大人は信じてくれない」のパフォーマンスが特に見たかったので、大満足でした。

 

Cブロックということで女性や子どもだと全く見えなかったでしょうが、運良く身長は170cm台半ばあるのでメンバーがパフォーマンスしている姿は見えました。

歌番組やライブ映像などでは見られないステージ全体の景色がしっかり見え、欅坂の真骨頂である「フォメーションダンス」を堪能できたのでそれだけでも収穫でした。

 

しかし、後から入ってきた人たちは会場に入れるかどうかの所で。明らかに京都パルスプラザはキャパオーバーな気がしました。

次回の4thの全国握手会はGW期間中で今日よりも多くの人が訪れると予想されているので、どのような対策が取られるのか注目しようと思います。

 

ミニライブ終了後、体調が優れなかったので近くのコンビニへ休憩しに行き、再び会場へ戻ると、、、

 

次は握手会のための手荷物検査の列に引っかかってしまいました。寝不足で意識朦朧としている中、1時間半近く立ちっぱなし。足が筋肉痛になりました。

 

そしていざ会場に入ると中々目当てのレーンまで移動できず、ここでもやはりキャパシティと現場の規模が合っていないことを痛感しました。

人気のレーンだったのが長濱ねる、齊藤京子(ひらがなけやき)のレーン。僕も行こうと思っていましたが、さすがに長すぎて諦めました。

 

結局、体調面を考えて手持ちの3枚すべては使わずに推しの渡邉理佐とひらがなけやきの高瀬愛奈のレーンへ。

だいたい並び始めて30分ほどで握手出来ました。

 

しかし、さすが全国握手会。会話も一言二言で3秒もありませんでした。

理佐はとにかく顔が小さかったです←

というか、握手の仕方がメジャー現場ではあんなやり方なんですね。

「せっせっせーのよいよいよい」的な←

これまで普通のシェイクハンドしか経験してこなかったので、新鮮でした笑。

 

そして、帰りに京都市営地下鉄九条駅にて京都市営地下鉄×欅坂46のコラボポスターを見て、帰宅。AbemaTVでワンマンライブ完全版を見ました。

f:id:shiba_gamba:20170225225321j:plain

 

今回、初めて欅坂46の全国握手会に行きましたが、やはり会場には若者が多く完全に「キテるな」と実感する人入りでした。

中には家族連れもおり、2歳くらいの子どもが待機列で「二人セゾン」を歌う姿には癒されました。

 

次回は今回の反省点を活かしながらしっかりと全国握手会を楽しめるようにしたいと思います。